オリジナルグッズ【あさがお屋】

終わってスッキリすること、しないこと

考えた

積み重ねたことを0に戻すのは好きです。

約200記事ずつ入っていたブログを2つ消したときにはそれなりにスッキリしましたが、もうすこし育ててから消したかったな、と思いました。

思い入れがあって、積み重ねてきた自覚があるものほど、自分の手で0にしたときの快感が大きいのだと思います。

 

昔の話ですが、十年以上続けた習いごとを辞めたときはスッキリしました。

大学に通っているあいだ続けたアルバイトを辞めたときもスッキリしました。

なにか嫌なことがあったから、やっと辞められてスッキリ!ではないのですよね。

別に不満はなくて、順調に積み重ねてきたからこそ、0になったときにスッキリしました。

想像でしかありませんが、嫌なことがあって辞めるのだとしたら、それは自分を守るための行動で、抱く感情はスッキリよりも安心なのではないでしょうか。

順調に積み重ねたものを0に戻すのは娯楽に近くて、だからこそ純度の高いスッキリを楽しめるのかもしれません。

 

ただ、この世には終わりを迎えてもスッキリしないものがあるのですね。

JSLA(日本スケスケパンティ愛好協会、前にあったパンティのブログ)を閉鎖するときにも悩みましたが、メルマガを廃刊にするのはもっと悩みました。

JSLAはスタッフとして協力してくださる方がいましたし、メルマガは読者さんとのやりとりで成り立っていて、〝自分だけでやっているのではない感〟がありました。

やめるのには理由があって、その理由はおかしな理由ではないと納得していても、自分以外にも関係があることを、特に終わりを決めるのはとても難しいのだと知りました。

かといって、いまの私は、終わりを決めたことを後悔しているとか、どうしようもない悲しみに暮れているというわけでもなくて。

ちょっとムズムズして落ち着かないこの気持ちは、寂しさなのだと思います。

 

忙しさが戻れば、今夜の気持ちもきれいに忘れてしまうのでしょう。

忘れても思い出せるようにここに書き残したら、今夜はいつもより早めに休んで、明日からの日々に備えることにします。

 

 

いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

コメント

  1. さとぴょん より:

    積み重ねてきたものを0にするのは勿体ない気もするけど…。

    今夜は何も考えず寝ることにしよう。

    おやすみなさい✨

  2. 閃とみたろう より:

    わかるような…わからないような…

    私はバイクいじりを趣味にしている
    今年36才になるバイク、メンテはサグラダ・ファミリア的なところがあって、まだ飽きてはいない

    このバイクが完成した時にはどうなるのだろう
    多分完成していないと言い続けるような気がする

    これも未完の美なのかもしれない(笑)

    仕事は使命感で続けていられる
    人の足を引っ張る時には引退しなければとも思う
    このモノサシは誤魔化せないものなのだ

    たまに想像する
    他の仕事をする自分を
    ホームセンターで働く元設計屋、結構粋じゃないかななんて(笑)

  3. より:

    長年積み重ねてきたものを捨てるのは少し惜しい気がしますね。

    私はおそらく無理かもしれません。

    切り捨ててスッキリするっていう事は、やり切ったから悔いなし

    ってことでしょうし、少しのわだかまりはあるでしょうけどね。

    女女と書いて、めめしいと読みますが ほんとは

    男のほうがめめしいと思いますね。

    だから男男とかいて、めめしいと言わないとね。

    女の人が一度決めたら振り返らない人が多いように思います。

    羨ましいです。^^

    • makoto♪ より:

      確かにそれはありますね
      気分的には断捨離に近い感覚かな。

      人間関係も終わってスッキリすることあります(笑)

  4. C.P.NEWS より:

    そう言えば…以前も、同じことを言ってましたね(笑)

    始まりがあれば、いつか終わりが来ます。
    区切り、節目ですね。

    ムズムズする気持ちが昂ってきたら
    また始めたらいいじゃないですか(笑)

    そう言えば…油彩画、描いてます?

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました